2011年2月21日月曜日

出逢う命 旅立つ命

2月5日。
きっと一生忘れられない日になるでしょう。
 
この日の朝、私の姉、京ちゃんのベイビーちゃん「莉多」がこちらの世界に舞い降りてきました。
あのギャル姉ちゃんが、出産という大仕事を終えたその時から母の顔になるんだもんなぁ。
一緒に過ごした妊婦期間、私も二ヶ月後にはこうなるんだという見本を常に間近で見れて本当勉強になりやした。
分娩に立ち会う事は出来なかったけど、陣痛サーフィン中は私も見物させて貰いまして。
不思議な事に私のお腹の赤ちゃんも一緒になって終始激しくうごめいておりました。
きっと、京ちゃんがんばれよ〜って応援してたにちがいない。



そして、その日の夕方。
とても大切な人が天の世界へ旅立って行きました。
その人は私とはらやんにとってお母さんと呼んでいた人で、何でも話せる友達でもあり、津南に越して来てから本当に仲良くしてくれた人でした。

山菜の沢山生えている場所、食べれる茸の事、編み物の事、こんにゃくの作り方、畑の事、花の事、集落の事、子育ての事、何でも知っていて、何でも教えてくれました。
突然引っ越して来た私たちの事を、最初から本当の家族の様に迎えてくれました。
赤ちゃんのことも凄く楽しみにしててくれました。

綺麗な花と子供達の折り紙に包まれたお母さんはやっぱり最後まで可愛かった!

旦那さんの頑固じいちゃんは言いました。
彩ちゃんのお腹にいる子はきっとばあやの生まれ変わりだ!だからおんなっこだ!



さて!今度は私の番。
新しい命と出会える日までもう少し。
おとっここか、おんなっこか、乞うご期待!!!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿