2012年7月5日木曜日

旅の思い

今回の家族そろっての旅は僕に大きな力を与えてくれた。

大鹿村のスウェット・ロッジで削ぎ落してもらった余分な自分。

岡山でもらってる僕の原動力。大切な心。

そして大飯原発の最前線で出会った、本気の力。

東京での再会。

また、自分の目的と進むべき道が少しみえたと思う。



少しずつ、本当に少しずつだけど、迷いが消えてきてる。


ヘタレだけど、また立ち上がります。


だから今は、畑で家族と共に。





稲がぐんぐん成長中。


大豆の土寄せ。鍬をふるって心を無心に。


畑で美登とキッポウ


親友の子供、「素鳴(すなり)」



みんなありがとう。



2012年7月2日月曜日

帰ってきたよ

雪解けの畑スタートから3ヶ月、毎日共に過ごしてきたスーさんが旅立った。

たくさん作付けし、たくさん語り合った。

おかげで今年ののびのび農園は今までで一番充実しています。


左からオーツ麦、アスパラガス、加工用トマト


今年から不耕起の畑


大豆と奥に山芋の一画


手植えのための線を引く


新しい家族、きっぽう


まだまだたくさん載せたい写真があります。

それはまた後日。


スーさんの旅立ちとともに、我が家も旅に出ました。

きっぽうが仲間入りして、初めての家族旅行。

目的地は長野県大鹿村→岡山県高梁市→福井県大飯町

美登と彩子ときっぽうを津南に残し、単身で東京へ行った。

約1週間、こんなに畑をあけるのは初めての事。

家族と津南に戻ったときに、一瞬だけ畑に行き、「月曜日に来るからね」って。

そして今日、久々の畑仕事でした。

草がだいぶぼうぼうとしてたけど、だいたいは元気にしてた。

ただいま。